免税店申請代行サービス比較方法。免税店の開業許可を得るには、 免税店の申請代行サービス会社 を使うとスムーズ。でも、、

選び方のポイントは3つ!

1.税理士がやっているか。行政書士さんは申請に関する書類の作成に関わることはできが、申請を代理することはできない。従って、税理士一択。

2.顧問契約は不要か?免税店の申請代理の料金自体は格安だが、顧問契約が条件の税理士理事務所も存在する。 面倒な条件が付いてくる所は避けよう。

3.申請後もサポートがあるか?免税店の申請は、許可されたら終わりではない。そこからが始まり。免税で販売した場合の会計処理、記録票などの作成方法など聞きたいことがたくさん出てくる。 サポートを本気でしている所を選ぼう。

免税店申請代行サービスの比較方法まとめ

申請後も安心してビジネスしたい人向けの免税店申請代行サービスの比較方法

【免税店の開業許可お助けサポート】はどうなの?

免税店の開業許可サービスの比較方法の解説

免税店の開業許可を得るには、免税店の免税店の開業許可の申請代行サービス会社を使うとスムーズです。

免税店は国の許可が必要。

間違って申請したり、別の届けを出していて、いざ販売した後、お客様から

「免税されてないのですけど!!」

と叱られるトラブル防止のためにも、許可、届け出、申請は、プロに任せるのが一番。

「餅は餅屋」の発想

「餅は餅屋」の発想で『1.安心』、『2.確実性』、『3.申請に使う時間』はお金で買うことが出来ます。

お金で買えるものは買うのが賢い選択かも知れません。

ケチると大損をこく可能性もあります。

さて、免税店申請代行サービスは世の中にたくさんあります。
行政書士さんがやっているもの、税理士さんがやっているもの、司法書士、弁護士がやっているものなどなど。

また、単発で受けてくれる人、顧問契約が必要な人、実は、一部は自分でやらないといけない安いだけのサービスなど、選び方を間違えると、結局、お金だけ取られて、確実性もなく、時間も取られるという悲惨な目にあう可能性があります。

そこで、本サイトでは、免税店申請をどう選んでよいかわからない!

という方のために免税店申請サービスの選び方の基準をお伝えします!

免税店の開業許可サービスの3大チェックポイント

以下の3つの点を外していないかを確認してみてください。

免税店の開業許可サービスの3大チェック

1.税理士がやっているか

2.顧問契約は不要か?

3.申請後もサポートをしているか?

1.税理士がやっているか

行政書士さんは申請に関する書類の作成に関わることはできますが、申請を代理することはできません。
書類の作成さえしてくれれば、あとは自分で手続きできるという方は行政書士さんに頼むのも選択肢の一つと考えられます。

一方、輸出物品販売場許可申請を代理できるのは税理士または税理士法人のみです。
実際の手続きで税務署とのやり取りをする必要が出てきた場合に税理士または税理士法人であれば代理人としてご本人様に代わって直接手続きを進められるところが特に大きなメリットになります。

全ての手続を任せてしまって、他の業務に専念したい方は税理士または税理士法人に任せてしまうのが良いと思います。

2.顧問契約は不要か?

税理士が免税店の開業許可サービスをしているからと言っても、顧問契約が必要な場合があります。

格安でやっている免税店の開業許可サービスの場合は、顧問契約がセットになっているものが多いです。

本来なら必要のない顧問契約を結ぶことになりかねませんので、条件には十分お気をつけください。

3.申請後もサポートをしているか?

免税店の申請はスタートに過ぎません。始まってからいろいろな疑問が出ます。

各種書類の作成、保存方法、免税で販売した商品の会計処理など。

サポートがしっかりしているところを選びましょう。